足利フラワーパーク藤の花の混雑状況!混雑回避や渋滞を避けるコツは?

足利フラワーパークと言えば、イルミネーションがとても有名ですが、実はイルミネーションよりも混雑と言われている時期は、藤の花の見頃の時期なのです。

なぜかって?

それは、足利フラワーパークのイルミネーションは、ざっと半年近く行われていますが、藤の花の見頃の時期は、たったの3週間程度。

しかも、ゴールデンウィークの辺りが、藤の花の見頃の時期とちょうど被っているため、より混雑するのです。

ゴールデンウィークなんて、どこに行っても混んでいるもの。

それは仕方のないことですよね~。

ですが、少しでも混雑を避けてゆっくりとあしかがフラワーパークで綺麗な藤の花を見たいものですよね~。

そこで今回は、「あしかがフラワーパークの藤の花の時期の混雑状況」についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

足利フラワーパークの藤の花の時期の混雑状況は?

あしかがフラワーパークでとても有名な藤の花は、樹齢150年を超える大木なのです。

長い年月を経た藤の花は、とても綺麗で見応えがあります。

しかも、アメリカのCNNにより日本か唯一「世界の夢の旅行先10ヶ所に選ばれた場所でもあります。

それだけ見応えのある花々が咲き誇っている場所である、ということがわかりますよね。

その藤の花の見頃のシーズンは、4月下旬~5月上旬という大変短い期間です。

と言うことは、ちょうどゴールデンウィークの時期とあしかがフラワーパークの藤の花の見頃の時期が被っている、というわけなのです。

ゴールデンウィーク、その名前を聞くだけでも、混雑しそうだなぁ~なんてことは予想が出来るのですが、実際のところの混雑状況はどうなのでしょうか?

地元住民の方に、直接生の声を聞いてみましたよ~。

あしかがフラワーパークの藤の花の時期の混雑状況を聞いてみた!

あしかがフラワーパークの藤の花のシーズンは、地元民でさえ渋滞に巻き込まれるので、足利フラワーパークに続く道を避けて通るようにしています。

そうせざる負えないくらいあしかがフラワーパークの藤の花を見るために向かう車が多く、渋滞の混雑がひどいからです。

あしかがフラワーパークの藤の花のシーズンは、なんと朝7時からオープンしています。

朝7時なら余裕で空いているでしょう~、なんて思いますよね?

ですが、朝7時であってもオープンと同時に入場しようとする人々によって混雑しています。

しかも生の情報だからこそ得られた情報がありますよ。

CHECK!⇒藤の花の時期の期間中、日によってはオープン時間が早まることがある。(朝6時半にオープンする。)

実はですね、ゴールデンウィーク期間中と言った普段以上に混雑が予想されている日は、あしかがフラワーパークの開園時間が30分程度早まることがあります。

なので、朝一番に入場したいのであれば、遅くても朝6時半に足利フラワーパークに到着するように向かうようにしましょう。

ですが、そんな早朝の時間に足利フラワーパークに到着して中に入ったとしても、ゴールデンウィーク期間中は、皆が一番見たいであろう藤の花のトンネルなどは、人が入らない写真を撮ることは難しいほど、ほどほどに混雑しています。

ちなみに、朝6時半に足利フラワーパークに到着したとしても、すでに足利フラワーパークの開園待ちをしている方は多々いますので、覚悟して向かってくださいね。

あしかがフラワーパークでは、藤の花の季節は昼夜入替制になっており、昼の部と夜の部がちょうど入れ替わる15時くらいが空くと言われていますが、近年は混雑緩和はさほどされません

↓日焼け対策につばの広い帽子を持って行きましょう↓

足利フラワーパークの混雑回避をする裏ワザは?

あしかがフラワーパークの藤の花のベストシーズンは、想像を絶するほど混雑します。

テレビと言ったメディアにも取り上げられることの多いあしかがフラワーパークの藤の花。

樹齢150年と言う有名な藤の花以外にも、あしかがフラワーパークという名前だけあって、見応えのある花々が咲き誇っているのですから当たり前のことであるとも言えますよね。

そんな絶対に目で楽しみたい藤の花ですが、少しでも混雑回避をして、あしかがフラワーパークに向かいたいですよね。

そこであしかがフラワーパークの混雑回避をする裏ワザをこっそりご紹介しちゃいますね。

足利フラワーパークの前売り券をゲットする

あしかがフラワーパークの前売り券は、コンビニの端末機で購入することが出来ます。

ですので、事前に足利フラワーパークに到着する前にコンビニにより、前売り券を購入するようにしましょう。

そうすることで、チケット売り場に並ぶ必要がありません。

足利フラワーパークに到着した時間帯によっては、チケットを買う列に並ぶだけで数十分かかることもあります。

スポンサードリンク

足利フラワーパークの藤の花の時期の渋滞を避けるコツは?

あしかがフラワーパークの藤の花の時期は、どうしても渋滞とは切っても切れない仲になります。

ですが、少しでもあしかがフラワーパークの藤の花の時期の渋滞を避けて向かいたいですよね~。

実は、あしかがフラワーパークの藤の花は、ライトアップもされているので、夜も楽しむことが出来るのです。

なので、夜のあしかがフラワーパークの藤の花も大変人気があります。

ですが、昼と夜どちらの藤の花の方がおすすめかと言うと、断然昼の方の藤の花のです。

自然光に照らされた藤の花、そしてバックには青い空、藤棚に照らされた優しい日の光、そのすべてとても美しく自然の光がより藤の花を美しく魅せてくれます。

と言うわけで、あしかがフラワーパークの藤の花は、夜よりも昼の方が人気があるのです。

しかも、あしかがフラワーパークの藤の花のためのバスツアーも、昼間はとても多く来ます。

そう考えるとやはりあしかがフラワーパークの藤の花の時期の渋滞を避けるためには、夜の方が良いでしょう。

一番渋滞にはまる可能性が高いのが、お昼前後の時間帯です。

ちなみに、一番渋滞を避けることが出来る時間帯は、朝の7時の開園時間に合わせて足利フラワーパークに到着し、9時に足利フラワーパークを退園すればまず渋滞に巻き込まれるこでしょう。

9時くらいになると、足利フラワーパークの藤の花を見るため入場をしたい方の渋滞が始まっています。

9時退園すれば、足利フラワーパークの入場とは全くの逆方向になりますので、渋滞回避をすることが出来ますよ。

スポンサードリンク

まとめ

足利フラワーパークの藤の花は、日本だけでなく外国人観光客も見に来るほどの見応えのある花なのです。

ベストシーズンであるゴールデンウィーク期間中は、大変な混雑が予想されます。

混雑回避をしたいのであれば、自宅を夜が明ける前に出発し、足利フラワーパークに6時半に到着するように向かうことをおすすめします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

こちらにあしかがフラワーパークの藤の花の記事についてまとめました。

混雑回避のコツ以外にも、あしかがフラワーパークにお得に入園する方法や、実際に藤の花を見てきた体験談についてご紹介しています。

ぜひご覧くださいね。

栃木県足利市にある全国的に有名なスポットであるあしかがフラワーパーク。 あしかがフラワーパークは、冬はイルミネーションスポット、そして...


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。