ひな祭り一覧

ひな祭りにちなんだゲーム3選!高齢者でも会を楽しめるアイデアは?

ひな祭りと言えば、女の子のお祝いの行事ですよね。 ひな人形を用意して、ひなあられを食べて、と女の子にとって嬉しいこの行事はいつまでも記憶に残っていることでしょう。 そんなあなたも、気が付けば社会人。 介護施設で日々働きながら、今年もそろそろひな祭りの時期です。 今年のひな祭りは、この介護施設でひな祭りパーティーを行うことになり、その余興の幹事となったあなた。 幼かった頃を思い出しながら、みんなで楽しめるゲームのアイデアを考えていることでしょう。 今日は、そんなあなたへ高齢者でも楽しめるひな祭りパーティーのお話をしましょう。

ひな祭りが初節句なら何するの?おもてなしやお返しは必要なの?

3月3日のひな祭り、女の子のためのお祭りですね。 今年、初節句を迎える女の子赤ちゃんにとっては、大事なメインイベントでもありますよね。 なんせ生まれて初めて迎えるお節句ですもん。 女の子の赤ちゃんの無事な成長を願って迎える初節句であるひな祭りです。 ですが、初めての赤ちゃんなら、なおのこと初節句のひな祭りは何をしたらいいのか悩みますよね~。 そこで今回は、「ひな祭りが初節句なら何するのか?」についてご紹介します。

初節句早生まれの女の子の雛人形はいつ買うの?お祝いはどうする?

3月3日は、ひな祭りの日ですね。 女の子のお祝いの日です。 そんなひな祭りですが、生まれた初めて3月3日を迎えた女の子の赤ちゃんにとっては、初節句でもありますよね。 ただ初節句といえども、これが早生まれだったら、一体いつしようか悩みますよね。 実は私自身、早生まれのこどもいまして、初節句を迎えるときは「どうしよう・・・」なんて悩みましたよ。 なので、その気持ちすごーくわかります。 そこで今回は、「初節句を早生まれの女の子はどうしているのか?」についてご紹介します。

雛人形を娘が二人以上いる家は買うの?女の子が2人目でも必要なの?

3月3日は、ひな祭りですね。 女の子の赤ちゃんにとっては、初節句の日でもありますよね。 そんなひな祭りに欠かせない存在である雛人形。 初めてのこどもなら、どうしても手をかけがちになりますよね。 そして、誕生した二人目、そして三人目と続く女の子。 「雛人形、新たに買うべき?」って悩みますよね。 そこで今回は、「雛人形を娘が二人以上いる家は買うのかどうか?」についてご紹介します。