年賀状のポストの投函はいつから出来る?いつまでなら元旦に届くの?

12月半ばごろになると気になってくる年賀状。 私もそろそろ用意にないといけないな~と思いつつ、年末が近づいてくるといつも焦ります。 でも新年のご挨拶、しっかり元旦に届けたいものですよね。 そこで年賀状の投函はいつから出来て、いつまでにポストに出せば元旦に届くのかについてご紹介致します。 これを見て元旦に間に合うように年賀状を用意出来るといいですね。

結婚式の持ち物男性でもバッグは必要?手ぶらはマナー違反って本当?

仲の良い友人やお世話になった人の結婚式。 とてもめでたくて嬉しいイベントですよね。 ですが、いざお呼ばれとなると、結婚式について何もわからない、と気付く人も多いのではないでしょうか。 服装や持ち物のことなど、めでたい席だからこそ、マナー違反で台無しにしてしまったらどうしよう、と不安になる人もいるでしょう。 今回の記事では、結婚式のマナーについて、持ち物の観点から解説します。

生クリームの泡立て器がない方必見!早くて飛び散らない方法を解説!

クリスマスまで、いよいよあと数日。 今年のクリスマスケーキは手作り、と決められているあなた。 生クリームも買ってきて、いよいよ最後の手順確認をと思ったその時、泡だて器が見当たらない!とあせっていませんか? それにほら、生クリームの泡立てって、時間がかかってしまいますよね。 早く泡立てるコツがあるなら、ぜひ知りたい。 欲を言えば、キッチンを汚さずに作れる方法なんてあるかしら? そんな悩みをお持ちのあなたへ、今日は生クリームの泡立て方についての提案です。

年賀はがきの書き損じの交換期限や手数料は?コンビニでも出来るの?

新年のご挨拶に毎年送る年賀はがき。 多めに買って余ってしまった年賀はがきや、印刷を失敗してしまったり書く文字を間違えてしまった年賀はがきはどうしていますか? もう使わないからって、間違えてしまったからって、捨ててしまうのは勿体無いですよ!! ぜひ余ったり書き損じした年賀はがき、郵便局に持って行って下さい(^^)

クリスマス会の余興ネタ5選!簡単でしかも皆が面白いのを紹介!

12月と言えばクリスマスですよね。 そして、クリスマスと言えば、クリスマス会!! この時期は、会社でクリスマス会をすることもあるのではないでしょうか。 会社でのイベントで必ずと言っていいほどついてくるのは、そう、余興ですよね。 余興は、新入社員が任されることも多いと思いますが、「どうしよう!何をしよう?」とお困りの新入社員のみなさまへ余興で使えるネタをいくつかご紹介します。 普段顔を合わせない社員のメンバーに顔を覚えてもらう絶好のチャンスを逃さないようにしましょう!

年賀状の切手はコンビニで買える?郵便局以外で購入出来る場所は?

毎年11月頃になると年賀状のCMが始まり、「今年ももう終わりかぁ。年賀状の準備をしなくては。」と思う方も多いのではないでしょうか? 最近ではネットやアプリで作成でき、そのまま送付できるものなどとても便利な世の中になってきています。 しかし、年に一度くらい年賀状にこだわってみても良いのではないでしょうか? 一般的には年賀ハガキを購入すると、切手の部分にはすでに赤で印刷してあり、そのままポストに入れれば相手に届くものがほとんどです。 しかし実は、「年賀郵便切手」というものがあるのです。 色鮮やかで可愛いデザインの年賀郵便切手を貼ると特別感が増し、オリジナリティ溢れる年賀状になりますよ。 今回の記事では、そんな年賀郵便切手の種類や買える場所などをお伝えしていきます。

さがみ湖イルミリオン2018行き方や営業時間は?割引クーポンは?

神奈川県相模原市にある「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」で、冬になると一気に盛り上がりを見せるのが、イルミネーションですよね。 その名も「さがみ湖イルミリオン」と呼ばれています。 東京からも程近い場所に位置するさがみ湖イルミリオン、関東最大規模で行われている大人気なイルミネーションであるさがみ湖イルミリオンについてご紹介します。

クリスマス子ども会のゲームはこれが絶対に盛り上がる!?景品も紹介!

小学校のお子さんを持つお母さんは小学校や自治会、子ども会と出番が多いですよね! 子ども達のためですが内容によっては困ることも・・・ 子ども会のイベントとして多いのが12月に行われる「クリスマス会」ではないでしょうか? 1年生~6年生と年齢の幅も広いので決めることも一苦労だと思います。 今回はクリスマス会でおススメのゲームについて、景品はどんなものがいいかご紹介します!!

旅行の持ち物はコンパクトがおすすめ!絶対必需品もチェック!

彼氏との旅行、それも電車に乗っての国内旅行となると、荷物のことが心配になりますよね。 大きな荷物を持って、移動の邪魔になると、回りたかったところが全部回れなかったり、彼氏の迷惑になってしまったりというおそれがあります。 かといって、日帰りのお出かけ気分で出かけるわけにもいきません。 お泊まりの必需品を忘れて、悲惨な目にあうのも避けたいところです。 今回は、なるべく旅行の持ち物をコンパクトにまとめるコツや、絶対必需品を紹介します。