年賀状一覧

年賀状は喪中年末に亡くなった場合は?もらったときの返事の文例は?

毎年欠かさず、新年のご挨拶として年賀状を出しているあなた。 今年は年末になって親を亡くし、それでも悲しみから抜け出してきたこの年の瀬に気が付いた年賀状のこと。 喪中はがきを出す時期は、すでに過ぎているけれど出したほうがいいのか。 それに、今年もきっと届くであろうその年賀状の返事はどうすればいいのか。 そんな突然の悩みに気付き、お困りなあなた。 今日は、急な喪中時の年賀状事情についてお話ししていきましょう。

喪中でも年賀状を出していい親戚の範囲は何親等?マナーはある?

少し肌寒くなり、年賀状のことを考える季節になってきました。 けれど今年、祖母が亡くなり元気がないあなた。 そろそろ喪中はがきの準備を始めようとしたところ、親には孫だから年賀状は出してもいいと言われ困惑してしませんか? 本当に、喪中でも年賀状を出して良いのでしょうか。 今日は、そんな喪中時の年賀状についてお話ししていきましょう。

年賀状を30日に出したらいつ届く?届く日数は?31日はどうなの?

今年こそ年賀状は早く出そう、そう思っていたはずなのに。 気が付いたら、12月30日になっていたってことはありませんか? 年末は忙しく、いつも以上に予定も詰まっていますよね。 なんとか年賀状を書き終え、ポストへ投函しようと急ぎます。 そこで浮かぶ疑問、この年賀状はいつ相手に届くかということです。 30日に出すと、どうなるの? 30日に出しても、最終集荷時間に合わなければ、31日に投函したことと同じになってしまう。 元旦に間に合うの? 元旦に間に合う手段があるならぜひ知りたい!そうお考えのあなた。 今日は、そんな疑問をお持ちの方へのお話です。

年賀状に一言添え書きをお客様にするときの文例?例文や書く場所は?

お仕事で書くことになった、お客様宛の年賀状。 手書きで一言メッセージを入れるようにとの指示があったけれど、何を書いていいのかわからない……。 そんな年末特有の悩みを抱える方も、販売の仕事をしている方には多くいらっしゃいます。 特別に心に残るやりとりがあったお客様なら書くこともあると思いますが、現実にはそうではない場合がほとんど。 ですが、ここで受け取ったお客様にいい印象を与えることができれば、来年の販売成績にも関わってくるかもしれません。 年末の忙しい時期ですので、あまり悩まず気の利いたコメントを書けるように、年賀状に添えるメッセージのコツや例文をいくつか紹介します。

年賀状のポストの投函はいつから出来る?いつまでなら元旦に届くの?

12月半ばごろになると気になってくる年賀状。 私もそろそろ用意にないといけないな~と思いつつ、年末が近づいてくるといつも焦ります。 でも新年のご挨拶、しっかり元旦に届けたいものですよね。 そこで年賀状の投函はいつから出来て、いつまでにポストに出せば元旦に届くのかについてご紹介致します。 これを見て元旦に間に合うように年賀状を用意出来るといいですね。

年賀はがきの書き損じの交換期限や手数料は?コンビニでも出来るの?

新年のご挨拶に毎年送る年賀はがき。 多めに買って余ってしまった年賀はがきや、印刷を失敗してしまったり書く文字を間違えてしまった年賀はがきはどうしていますか? もう使わないからって、間違えてしまったからって、捨ててしまうのは勿体無いですよ!! ぜひ余ったり書き損じした年賀はがき、郵便局に持って行って下さい(^^)

年賀状の切手はコンビニで買える?郵便局以外で購入出来る場所は?

毎年11月頃になると年賀状のCMが始まり、「今年ももう終わりかぁ。年賀状の準備をしなくては。」と思う方も多いのではないでしょうか? 最近ではネットやアプリで作成でき、そのまま送付できるものなどとても便利な世の中になってきています。 しかし、年に一度くらい年賀状にこだわってみても良いのではないでしょうか? 一般的には年賀ハガキを購入すると、切手の部分にはすでに赤で印刷してあり、そのままポストに入れれば相手に届くものがほとんどです。 しかし実は、「年賀郵便切手」というものがあるのです。 色鮮やかで可愛いデザインの年賀郵便切手を貼ると特別感が増し、オリジナリティ溢れる年賀状になりますよ。 今回の記事では、そんな年賀郵便切手の種類や買える場所などをお伝えしていきます。